名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

トミーバハマのサンダルは底が減り難いらしいから1000キロ歩いてみた

      2016/06/19

8498ab63959e5bfb2022155584081dbd_s

 

今までたくさんのサンダルを履きつぶした私が、トミーバハマのサンダルを履きつぶす計画を実行します

 

皆さんは「Tommy bahama」というブランドを知っていますか?

知っている人はここは軽く読み流して、知らない人はこのページをみてください

参考:About Tommy Bahama

なんとなく「海」をモチーフにしているのはお分かり頂けたところで、本題に入ります。

このブランド、海をモチーフとしているブランドなだけあって独自開発(?)の「Relaxology」という技術を使ったサンダルを販売しているんです。

そして、この商品が磨り減りにくいサンダルと評判なんですわ。

って事で早速購入して、1000キロ歩いてみましたので結果を報告します。

スポンサーリンク

 

まずは銀座店に直行

とりあえず、インターネットでの購入より店で見てから決めた方がいいと思い、噂を聞いた翌日に銀座へ直行しました。

このお店、フロアが二階に分かれていて、一階が女性用のフロア、二階が男性用のフロアといった感じで分かれています。

そして、隣にはトミーバハマが経営するカフェまで併設しているんですわ。しかもちょっとしたものじゃなくて結構本格的w

お店自体もかなりオープンな感じで南国をイメージさせるような作りになっていました。

ブログで詳しく紹介している方がいるので詳しくはこちらをご覧ください

参考:街中のアイランド トミーバハマ銀座店

購入前に店員さんに聞いてみた

二階にいた女性のスタッフに実際に物を持ってきてもらったついでに一応質問してみました。

「どのくらい減らないんですか?」

「検証したことが無いので正確には分からないw」

と、まぁ予想通りの回答で安心しました。

この女性スタッフにはとても親切にしていただき、なんと実際に履いているスタッフにわざわざ話を聞いてきてくれました。(その節はお手数かけました。

まぁ結局、試用期間が短くて分からないとの事だったのですが、磨り減りにくいことは確かなようでした。

ってことで購入決定。

私が履いてるのはこんなサンダルです

私が実際履いている物とは少し違いますが、形は大凡似ていますw

Relaxology Jasper Bay Sandals

私が履いているのはおそらくこちらの方ですね。

値段は税込みで17000円位だった記憶があります。サンダルにしてはいいお値段です。

ですが、個人的にデザインなどなどを含め結構気に入っています。

あと、Relaxologyという技術はトミーバハマで販売しているシューズ系に結構応用されているようです。

肝心の履き心地

個人的にサンダルに改革を起こしたと思います!

何と言ってもクッション性が半端じゃない!

体重をかける度にサンダルの底が自分の足を吸収している様な感触がします。でも不思議なのが手で触っても大して柔らかくないんですわ。

で、実際履いた感想は、畳とソファーとベッドって感じですw

畳に直で寝ると痛いですよね。それはなぜか?底が固いからです。

ソファーに寝ると最初は気持ちいけど、後から身体痛くなりますよね。それはなぜか?柔らかいからです。

ベッドで寝れば快適に眠れますよね。それはなぜか?ちょうどいいからです。

と、まぁこんな感じで柔らかさがちょうどいいんで履いていて全然疲れません!

このサンダルを履いたあとに某大手のサンダルを履くと違いに愕然としますよ。まるで地面を直接歩いているんじゃないか?と錯覚します。

それほど、身体にフィットするんですね。

実際に1000キロ歩いてみた結果サンダルはどうなったのか?

では新品の時の底を見せましょう。

20151112 710

これが2015.8の新品の状態での靴底です。まぁ当然ですが綺麗です。

では、1000キロ以上歩いた現在のサンダルの状況を見てみます。

以下の写真は2015.12.29に撮った写真です。

一枚目

IMG_3158

二枚目

IMG_3159

三枚目

IMG_3160

四枚目

IMG_3161

少しだけ、足の形が付いて変形していますが、それ以外はほとんど問題なし!

圧巻は靴底ですかね。

ほぼ減っていませんw

どうせ看板倒れだろ?と思っていたのですが、見事に裏切られました。

いやーすごいですわー。

この技術がいろいろな靴にも応用されているのであれば、とても寿命の長い靴になりそうです。

あえて不満点を言わせてもらいます

基本的に不満はないのですが、一点だけ気になることがあります。

それは、つま先の引っ掛かりです。

IMG_3160

つま先の部分が白くなっているのがわかりますか?これ、何回もつま先を擦ってしまって削れてしまった跡なんです。

自分が悪いのか、サンダルが悪いのかは分かりませんが、一つ言えるのは普段、私はつま先を擦る事はないって事です。

まとめ

店員さんに「1000キロ歩いたら報告しにきます」と言って結局してなかったので、この場を借りて報告させてもらいました。

結果として、1000キロでは、履きつぶす事が出来ませんでした。

恐れ入りました。

このサンダルすり減らないことはもちろんの事、疲れないのも一つの特徴ですね。

ぜひ一度試着してみてください。今までにないクッションの感じに驚くと思いますよ

値段は高かったのですが、これからも大事にしていきたいサンダルです。

店員さんでこの記事見てくださった方がいればどんどん拡散してくださいねぇ〜!

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - 未分類

tellmewhy