名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

利上げに伴う株安・為替高はなぜ起こる?わかりやすく説明

      2016/06/19

c93035aaf9205c370c4d2215ffd0c755_s

 

利上げに伴うマネーの動きを分かりやすく解説します

 

政策金利の上昇の事を一般的に利上げといいことが多いです。

利上げというのは株や為替にとても大きな影響を及ぼします。

今回は、利上げが起こると相場にどのような影響を及ぼすかを簡単に解説したいと思います。

マイナス金利の記事を書きました。

参考:マイナス金利を分かりやすく解説

スポンサーリンク

 

政策金利とは?

以前政策金利について解説した記事をあげていますのでこちらをご覧下さい。

政策金利とは?

ゼロ金利政策とは?  

為替高はなぜ起こる?

利上げというのは国内すべての金融機関での金利が上昇することを意味しています。

外国の投資家たちにとって、自国の通貨より金利が高くなれば、金利が高い国に資金を預けておいた方が得なんです。

これはつまり、外国の資金が一気に流れ込んでくる状態を意味します。

となれば、自国通貨の価値が上がり、為替高となるわけです。

詳しくはこちら⇒円安?円高?意味をわかりやすく説明

金利が1%だとしたら100万円預けても年に1万円の利子しか付きません。

金利が5%の国に100万円預けておけば5万円の利子が付きます。

ですので、投資家だけでなく、外国為替貯金などをしている方々にも高金利の通貨はとても人気があります。

株安はなぜ起こる?

こっちが分かりにくいかもしれません。 自分の国に外国からお金が流れ込んでくれば、株もたくさん買われて株高になるんじゃないの?と思いますよね?

考えとしては間違っていないのですが、株の本質が理解できれば、なぜ株安になるか理解できると思います。

株というものは為替と違い、企業の業績を大きな一つの指標として取引が行われます。

ですので、業績が悪化すれば株は売られ、業績が好転すれば株は買われます。

これが株の本質です。

利上げというのは為替に直接影響を与える指標ですが、株価にとって利上げは為替の変動がもたらす自社への損益という間接的な意味合いが大きいのです。

つまり、こういうことになります。

利上げ⇒銀行の金利上昇⇒銀行からお金を借りている企業側の返済額が増える&為替の変動により輸出業の赤字⇒利益を圧迫する⇒業績悪化⇒株が売られ株安になる

 ということです。 利上げの影響第一波が為替。そしてその二次被害を受けるのが株といった感じです。

まとめ

結構難しいお話かもしれませんが理解していただくことはできたでしょうか? 簡単に説明しているますが、重要な部分はお伝えできたと思います。

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - 経済・経済用語

tellmewhy