名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

質の高いコンテンツを見極める!

      2016/06/19

ec75bfa8569d6a3e7abe922ada9a35fe_s

 

記事の質の見分け方を、私なりに紹介してみたいと思います。

 

こんにちは。

ktmです。

私が記事を書く時は関連する様々なニュースやブログを観察します。目的はもちろんタイトルの選定や記事の参考にするためです。

皆さんもやっていると思います。

ただ、私が他の記事を見る理由はそれだけではありません。

タイトルの参考、記事の参考以外にもう一点重きを置いている事、それはライバル記事の質を見抜く事です

この作業、意外と大事でですね、「この記事は良質すぎて勝てないなー」「この記事はスカスカだから勝てるなー」といった具合に自分が勝てそうな内容を選んでいるわけなんです。

ですがこの選定、自分の中での明確な基準がないとなかなか判断が難しいところなんです。

そこで今回は私が“質の悪いコンテンツ”と判断しているその基準を紹介したいと思います。

今から書く内容の逆を考えていただければ、必然的に質の高い記事に近づけるかなーと思います。

スポンサーリンク

 

抽象的すぎるの一言に尽きる

今からお話しする基準は全て”抽象的すぎる”という言葉に回帰します。

内容が浅すぎる

まずはこれでしょう。

私が過去に投稿した記事を参考に少しお話しを進めていきます。

以前私はある食べ物の効果ついての記事を書きました。(以前と言っても3,4日前の話ですが

色々共有したい内容が多くて前々から書こうとは思っていたんですが、実はそのネタで書こうと思っていた理由がもう一つありました。

 

それこそが、ライバルの質の低さであり、記事の内容が浅かったという事なんです。

 

具体的には、読んでいて「へぇ〜」とか「勉強になるな〜」などと全く思えなかったんです。

明らかにコピペじゃんとか、そんなの誰でも知ってるでしょ、といった内容のものがバンバン上位に検索表示されているんですよ。

ライバルがこの程度の内容だったらそのうち検索上位になるだろ、と思わざるを得なくてついつい書いてしまったという事なんです。

食べ物の効果を検証した記事は今のところ一つしか無いので、探して読み比べてみてください。論より証拠、百聞は一見に如かずです。

筆者自身が内容を理解(知らない)できていない

これは2パターンあります。

 

単語の意味を理解(知らない)していないパターン

よく例えで出てくる「役不足」「力不足」「役者不足」を例に挙げてみます。

皆さんはこの言葉の意味の違いを説明できますか?

役不足:人に対して役が不足しているという意味。荷が軽すぎるということですね。

力不足:人の力が役に対して不足しているという意味。荷が重すぎるということですね。

役者不足:広辞苑には載っていません。造語ですね。

この様に似ている言葉でも意味が正反対な事や意味が通じない日本語がたくさんあります。この様な言葉の使い方が曖昧だったりするとさっぱり意味が伝わらなくなってしまいます。

私が読んでいて「つまらんなー」と感じてしまう記事は「正しく日本語が使えていない」記事が多いような気がします。

やっぱりそういう文章ってどこか読みづらさを感じてしまうんですよね。

 

名称、名詞、動詞の意味を理解(知らない)していないパターン

極端な話をします。(フィクションです

WorsPressの使い方の記事を検索して、検索上位に「WordPressとは大手検索サイトが運営する情報ニュースサイトです。」なんて、ディスクリプションに出てきたらどう思いますか?

おそらくその記事を書いた人はWordPressと言うものを知らずに、もしくは生半可な知識で記事を書いてると想像できませんか?

さらに開いてみてびっくり!ランニングの記事が出てきたらどうですか?

「私の求めている記事はこんなんじゃねー!」ってなりますよね。

それだけ言葉の意味を理解していないで書いている人がたくさんいるんですよ。

ここまで極端な記事はそもそも検索上位にすら引っかからないと思いますので、目にする機会は少ないかもしれませんが、タイトルと内容がマッチしない記事はたくさんありますよ。

信ぴょう性に疑問を感じる

このパターンは良いものと悪いものがあります。

 

あらかじめ自分の考えや予想を投稿すると言っているパターン

これはいいパターンです。

私自身、運営者の考察が読みたくてブログを見る事がよくあります。

有識者の意見とはまた一味違った、実際に体験してみてリアルに感じている体験談というのは時に有益な情報になりうると考えているからです。

二次元もいいですが、三次元で“より”リアルを感じたいと思う、ある種の欲求かと思います。

正直その話が嘘か本当かなんてどっちでもいいんです。

その人の考えを知りたい目的で私も読ませてもらってるので、それが参考になるかならないかは私の判断するとことですからね。

 

検証してみると言っているパターン

私が理系出身だからでしょうか?

検証してみると謳って根拠がなかったり、希薄であった場合にもの凄く「読んで損したー」という気分になります。

別に検証することに目的はいらないと思います。積極的に検証記事をあげていただけるのはむしろありがたいです。

ですが、検証を行う際のプロセスは何を根拠に行ったのか?結果の予測やその根拠は?とか色々気になってしまうわけですよ。

こと、ブログの運営報告記事なんか特にそうですね。

どういう思考で書いたらそういう風になったの?ってのを知りたいのに全然乗ってないんだもん。

それじゃ検証記事になってないじゃん!って感じです。

ここまで見ると私がただの根拠バカみたいですが、この意見にもちゃんとした根拠がありますよ!

それは

その検証の手法は再現性を示せないので有益か無益か分からなくないですか?

ということなんですよ。

たまたまできた事をみんなにシェアしたって、特に必要ないじゃないですか。

我々が求めているものは再現性のある、ロジックがしっかりしたものなんです。

だからこそしっかり書き込んである運営報告記事っていつまでも人気があるんですよ。

色々な世界で再現性という言葉が出てくると思いますが、これはとても重要なことであると私自身は認識しています。小○方さんのSTAP細胞も再現性がないから没になってしまいましたしね。

やはり、ここは落とせない部分ですね。

総合すると抽象的な表現に回帰してくる

ここまで読んでいただければ、抽象的に回帰するといった意味が理解していただけたかと思います。

内容が浅くて記事全体が抽象的であったり、言葉の意味を知らなければ内容は浅く、表現は抽象的に、信ぴょう性が無ければ・・・いうまでもないですね。

まとめ

偏った考え方で申し訳ありません。

でも理系の学生ってみんなこんな感じですよw(私はすでに社会人ですが

何をするにもある程度の根拠と過程を示してから行わないと気が済まないんでしょうね。

これが全てではないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - ブログ運営・アクセスアップ

tellmewhy