名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

FXで勝つために必要な7つの思考と方法

      2016/06/19

f43307958104970a25d8e999d83cd449_s

 

FXで勝てない人には幾つかの共通点があります。

 

こんにちはktmです。

みなさんFXやっていますか?

調子どうですか?

ちゃんと利益が上がっていますか?

これのページを見ている人は利益が上がっていない人が多いかもしれません。

お金を増やすために投資をして、お金を減らしてしまっていては本末転倒です。
ということで、今回はFXで勝てない人の共通点をお話しようとおもいます。

スポンサーリンク

 

ちゃんとした知識を持てば勝てるわけではない

ちゃんとした知識を持てば必ず勝てるとは限りません。この事はまず知っておくべきでしょう。残念ながら、これが現実なんです。

FXはギャンブルではありませんが、間違いなくギャンブル的な要素があります。
それは射幸性や期待感を煽るといった意味ではなく、構造的な問題です。

皆さんはゼロサムゲームって聞いたことありますか?

ギャンブルの基本構造として広く知られているのですが、簡単に説明すると、誰かが勝てば誰かが負けるってことです。
パチンコとかカジノとか競馬なんかはそのゼロサムゲームに該当します。

で、FXも理論的にはそのゼロサムゲームに該当するんです。

一般的なギャンブルとの違いを挙げるとすれば、FXには胴元と呼ばれる主催者がいないってことくらいだと思います。
それに近い存在はヘッジファンドでしょうが、彼らも損をしますし、FX会社は特に値動きには関係ありませんからね。

ゼロサムゲームを詳しく知りたい人はググって下さい。

ちなみに株は非ゼロサムゲームと言って、全員が負ける可能性があります。

まぁここで言いたいのは、FXをやっている以上ゼロサムゲームであるという事は頭に入れておきべきで、必ずしも勝てるとは限らないって事を念頭に置いてやるべきだという事です。

ギャンブルで生計を立てている人を世間は厳しい目で見る傾向があると思いますが、FXも間違いなくそう言った側面があるってことですね。

ではなぜ勝つ人と負ける人がいるのか?

気になるのはここですよね。
これは上で書いた事をしっかり理解していただければ、そんなに難しい問題ではありません。

きっとここまで読んでいただいた方は、「どうせ金を持ってる人しか勝てないって事だろ?」って思っている事でしょう。

どうも人間は「必ずしも勝てるわけではない」=「負ける」と連想するようですがこの考え方は根本から見直しましょう。

あなたが住んでいる世界は「カイジ」の世界ですか?

違いますよね。現実世界は1回やったら全てが終わりなのではなく、2回目、3回目が用意されています。

1回で全てに決着をつけるなんて、余程のバカか、とんでもなく切羽詰まった時くらいです。
つまりは通算で勝てばいいという思考を持つことが大事だという事です。

もしくは、勝負に負けても結果で勝てばいいって事です。

ことFXに関しては、その要素がかなり強いと思います。
100回の失敗を1回の成功で取り戻すことのできる数少ないギャンブルという事です。

そして、その成功率を上げる方法は世の中に確実に存在しているという事です。

でなきゃ、私がFXで利益を上げているのはただの運って事になってしまいます。

成功率を上げるための3つの思考

ここからが本題になりますが。

FXがゼロサムゲームの要素を持っている限り、利益を上げている人は世の中に確実に存在している事は理解していただけたと思います。

ではここからFXで成功率を上げるための思考と方法をお教えします。

1、負けを前提で臨む

先ほどから言っているように、FXは理論上100%の確率で勝つことが不可能なギャンブルです。誰かが勝てば誰かが負ける世界である事は曲げようのない事実なんです。

ただ、勝つ確率を上げる事が出来るのと、必ずしも勝ち越す必要がないという事はご理解していただけたと思います。

そして、人間は負けることを極端に嫌います。

この負け嫌いの思考がうまい方向に作用すればほぼ確実に利益を上げることができますが、残念ながら大半の人がそうではありません。

 ですが、ここまで読んでいただいた方はゼロサムである以上負ける事は避けられないと理解していただけてることと思います。

実は負けを理解することは勝つためにとても重要な要素です。
精神的な負担が圧倒的に違います。
ですので、まずは負けることを前提に「負けを認める」事をしてください。

 

2、意志選択の自由が許されている事を知る

自由が与えられている環境というのは逆に言えば不自由になることも思い通りということです。
つまり、選択肢を狭めたり、環境を不自由にする事だって自由だっていう事です。

FXで言えばそれは「指値」にあたります。

指値を入れるという事は「負けを認める」と同意義であり、あなたは負けを認める事を意図的に選択したという事になります。

そして、この指値は「負けたくないから入れた」ではなく「意図的に負けを選択した」という思考を持つ事が大事です。

人間が負けを受け入れられない時の大半は予期せぬ事態や負けたくない!と強く思っている時です。

勝負事になるとより顕著にその傾向が現れます。
でなきゃ、高校球児はあんなにボロ泣きしません。

ですので「意図的に負けを選択した」と考える方が視野を狭めないで済むわけです。
実際にやってみると実感すると思いますよ。

負けを認め、後に引きずらないように意思を選択するのもあなたの自由であるという事です。

 

3、コントロールできる事、できない事を見極める

とある本にこんな一文があります。

直接的、間接的にコントロールできる事、そしてコントロールできない事がある。

・直接的にコントロールできる問題(自分の行動に関わる問題)

・間接的にコントロールできる問題(他者の行動に関わる問題)

・コントロールできない問題(過去の出来事や動かせない現実)

これを今の状況に当てはめると・・・

1、直接的にコントロールできる問題は、エントリーや損切り利確などの実益に直接関係のあるや、あなたがこの記事を読んでいるとい事実の部分です。(自分自身の意志)

2、間接的にコントロールできる問題は、今この記事を読んで感じている事です。(選択の自由が許されている事を知ったという事実やこの記事で私があなたに与えた影響)

3、コントロールできないのは、為替の動きです。(負けを前提として臨む)

そして、この筆者は直接的にコントロールできる問題は習慣を見直せば「私的成功」につながるとしています。
つまり、この記事をあなたが読んでいる時点で、成功に近づいたということになります。

だって、負けという習慣を見直したくて読んでいるわけでしょう?

この時点で私の影響力はあなたの中に入ってきおり、間接的なコントロール(動機付け)はされている状態です。

後は、直接的な意志のコントロールが出来るようにそれを習慣付ければいいだけです。

成功率を上げるための4つの方法

ここまでくれば、後はその方法を知り、より勝ちに近づけるかってのが問題です。

先ほどの直接的にコントロールをする方法を詳しく見ていきます。
FXでチャート分析をするためにはどれも基本的な事ですが、今一度見直してみましょう。

 

1、チャート分析をする

チャート分析の基本はラインを引くといこと。
ですが、このラインを引くという行為、慣れないとなかなかうまくいきません。

つまり試行錯誤が必要であり、勝つ為には時間がかかるという事です。

今までラインを引いていなかった人は、今すぐに実行し習慣を変えましょう。

今までラインを引いてきた人は、今一度見直し自分の弱点を補強してください。このブログのチャート分析のカテゴリーの中に過去に私が行ったチャート分析の画像が載っています。それを参考にしてみてください。

ヒントはたくさん隠されていると思います。

 

2、チャートパターンが有効であることを知る

ラインを引いただけでエントリーをするのは少しばかり危険です。
チャートパターンをしっかり見極めてください。

負けている人に共通していることは、定説を否定して自らの手法にどっぷり浸かってしまうことです。

なぜチャートパターンが有効であるか知っていますか?

それはこのチャートパターンを世界中の人が意識しているからに他なりません。
そこを無視していいことがあるでしょうか?

勝てていない人は、このパターンを疎かにしているか、しっかりと見極められていないことが多いです。

 

3、期待値を求める

このブログでも紹介している、ディシジョンツリーを応用してエントリーポイントを決めます。
もし期待値の計算が苦手な人がいれば、過去のチャートパターンを徹底的に洗ってください。

徹底的にです。

期待値を求めることはチャートパターンを見極めることに繋がるのですが、どの程度そのパターンに信用性があり、期待を持っていいのか把握することはとても重要です。

 

4、投資も直接的なコントロールの範囲内

今まで負けが込んでる人の中には、自分の容認できる範囲外の投資額を突っ込んでる人もいるでしょう。

その投資額のコントロールはあなたの意志による選択であり、直接コントロールする事ができます。
ここまで読んできて、その事を体に染み込ませる事が出来れば、自然と投資額のコントロールもする事ができます。

失敗する人の3つの思考

1、めんどくさい

「知識ばかりの頭でっかち」とでも言っておきましょう。

 

2、継続できない

何をやるにも継続しない、めんどくさい、そんなんで簡単にお金は手に入るわけがありません。

常に継続することは何よりも重要なことです。

 

3、こんな方法論誰でも知っている

その方法論を知っておきながら、勝てていないのは何故でしょうか?

世界中の人が同じ方法を使って実際に利益を上げています。
環境や立場を言い訳にしているようでは、おそらくそのまま足踏みするでしょう。

今いる場所から1センチでも前に行くために、現状をもう一度見直すことをしてください。

 

この三つのポイントは全て習慣によって改善することができます。

今すぐに習慣を見直しましょう。

これらを実践しても勝てるとは限らない

冒頭でも言いましたが、これらのことを実践しても確実に勝てるとは言えません。

ファンダメンタルズ的な要素や、ヘッジファンドの急激な仕掛けなどによって起こされる急激な為替変動もあり予期せぬ事態は必ず起こります。

自分が思っていた方と逆の方向に大きく動かされて評価損を抱えた経験は誰にでもあると思います。

ゼロサム以前に運という要素も絡んできます。

FXとはそういうものです。

ですが、勝ちを引き寄せる方法はいくらでもあります。

指値という直接的なコントロールが可能な部分にフォーカスし、今一度状況を見直せばリスクを最小限に抑えることだってできるでしょう。

それは負けではありません。

むしろリスクを抑えられた分、勝ちに等しいです。

今まで私が話してきた内容は小手先のテクニックではなく、将来的に大きな自分の柱にするための基礎固めです。

ですので、継続することを忘れずに習慣になるように努力してください。

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - 副業・ネットビジネス

tellmewhy