名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

営業すらできないのにアフィリエイトで売上げを上げる事は多分できない

      2016/01/11

-shared-img-thumb-OZPA85_migimegauzukuze20130707_TP_V

 

いい記事を読みました!

 

題名がほぼ丸パクリなのは許してくださいw

久々にいい記事を読んだので、私も感化されて同じような記事を書いてみる事にしました。

偉大なる先人のお二人には敵いませんが、私なりに自分自身の経験を踏まえ、なぞり書きしてみたいと思います。

勝手に第三弾ですw

あくまで内容はパクリじゃないですからね!

まずはこの二つの記事を読んでくださいな

営業すらできないのに、マーケティングで売上を上げることなんて、絶対できない。

営業すらできないのにアフィリエイトで売り上げを上げることなんて絶対できない。

この二つ、内容が面白いと思いません?

題名は似ていますが、書いている内容も似ているようで全く違う。

ですが、両者とも営業の本質を突いてくる、私にはちょっと胸が苦しくなる記事です。

 

めっちゃ共感(泣)

この一文読んでみてください。

喉が枯れるまでテレアポして、足が棒になるまで、アポイントに言って、

門前払いにあいながら、やっと受注して、納品したあとに、

お客様から言われる、ありがとうの一言に涙したことがないのだ。

この一言に出会うまで、ほとんど拒否されるし、否定される。

本当に辛いし、トラウマになるくらいだ。

でも、これは仕方ないのだ。

それでも、最後の「ありがとう」にたどり着くと、それまでの苦労が吹っ飛んでしまうくらいに嬉しいものだ。

(加藤元康氏のブログより転載させて頂きました)

これ、営業を経験してきた人間であれば泣けるくらい共感出来るのではないでしょうか?

まず、私の営業経験の話を少しさせてください

一丁前な事言っていますが、わたし自身の営業経験は1年くらいしかありません。そんでもって人より特別多くやってきたわけでもありません。

でも、他と一つだけ違うことがあると思います。

それは新規の事業所で0からの営業であったという事。

下地もクソもない状態で、知名度は正真正銘の0の状態からの営業です。

そんな状態で今まで営業なんかした事の無い私がいきなり営業に行かされるんです。

砂漠に落ちた10円を目隠しして探すようなそんな気分でした。

でもその分多くの事を学べました。

ドヤされもしましたし、門前払いも何度となく食らいました。

感謝される喜びも、認めてもらった嬉しさも経験しました。

全てが試行錯誤の状態でしたので、何もかもがいい経験でした。

おかげで営業トークは上手くないけど、営業という物はどんなものなのかを語れるくらいにはなりました。(多分

物なり自分なりを売り込んだ経験ありますか?

門前払されたことありますか?

帰れって言われたことありますか?

拒否られたことありますか?

クライアントの企業を前にして足が前に出ない経験したことありますか?

飛び込み営業で声が震えた経験ありますか?

自分にこんなことが起こったらって考えてみてください。

マジで心が折れますよw

でもその先にしか物が売れるって事実はないんっすよ。

営業は気力・体力勝負です

どんなに自分が好きじゃないものだって、営業担当である以上売り込みに行かなきゃいけないんです。

そのためには生半可な知識じゃ絶対に論破されます。

だからこそ、営業は勉強が必要なんです。

経験が必要なんです。

知識が必要なんです。

リサーチが必要なんです。

自分自身を信じる事が必要なんです。

やれることは何でもやらなきゃいけないんです。

それだけ泥臭いんです。

物を売るにはそれだけ労力がかかるんです。

相手の立場になる事が超重要

相手の立場になって考える事は大事なんです。

理由は簡単。

相手が求めている物、求めている事が分からなければ情報や物は売れないからです。

だから営業は難しい。

自分にとって有益な情報でも、人にとっては全く意味の無い事かもしれない。

またその逆も然り。

皆さんも経験ありませんか?

絶対ヒットすると思った記事が泣かず飛ばす、一方何の気なしに書いた記事が思わぬヒットしてしまったなんて事。

その位相手の考えてる事なんかさっぱりわからないもんです。

最初はそんなもんです。

だから経験が必要なんです。

この経験は営業(現場)でしか補えない

私は対面の営業経験がない人にいきなりネットでのセールスは多分無理だと思う。

だって心を折られた経験も物が売れて喜んだ経験もないから。

私にとって営業は完全にトラウマです。

歓迎されて無いだけならまだしも、門前払いですから。

悔しくて眠れないんです。本気で電車に乗りたくないんです。

それでも営業を任されたからにはこんな壁軽く乗り越えなきゃいけない壁なんです。

だって、みんな同じ思いをしてきているわけでしょ?

私だけ特別楽な思いなんか出来るはず無い。

そして、この思いが実った時が本当に嬉しい瞬間なんです。

私はこれこそが真に物を売るという事なんだと思っています。

何度も何度も足を運んでは拒否られて、それでも諦めずに足を運ぶ。時々心が折れてくじけそうになっても、また足を運ぶ。

何がダメだったのか試行錯誤を繰り返して、自分の身に覚えさせる。

この一連の作業がとても重要だと思います。

そして、こう言った経験のない人の言葉はどこか希薄さを感じると思うんです。

できれば二度と営業はやりたくないです。それくらい辛かったんです。

でもこうして得られた経験が今の根底を支えていることは間違いありません。

私が一つだけ自信を持って言えること

携帯を買うために並ぶ人の気持ちは分かりません。

ラーメンを食べるために並ぶ人の気持ちは分かりません。

でも、より良い医療を求めて病院で待っている人の気持ちは分かります。

それは私が元医療従事者だからとかそんな事は関係ありません。

現場で見て、聞いて、経験しているから知っているからです。

単純に経験値が違うからです。

セールスも同じだと思います。

実際にどういう切り口で話を進めていけばいい反応を得られるかなんて、対面でしかわからないと思うんです。

もしかしたらあなたのブログでのセールスの仕方は相手を怒らせているかもしれません。

でもそれを知る術は無いです。

経験者にしか語れないことが絶対にあるんです。

だからこそ現場を知る必要があると思いませんか?

何事も継続する事が大事

アフィリエイトでも勉強でもスポーツでも何でもかんでも、結果が出ていない人の特徴って継続する事をしない人が多いですよね。

俺には、私には向かないからやーめたー、的なやつです。

そんなすぐに結果なんか出るわけないのに、なんですぐ投げ出すんだろうか?

今までも何でもかんでもそうやって諦めてきたのだろうか?

センスがないと決めつけるだけの努力を本当にしたのだろうかって。

まとめ

先人二人と比べると内容が薄すぎる事は自覚していますw

そりゃ、二人より経験ないから仕方ないですよね。

これからたくさん経験して、二人に追いつき追い越せればと勝手に思ってますw

こういう経験は壁にぶつかってからが勝負ですからね。

伸び悩むのか、現状を打破するのかは自分次第だと思います。

私は今まで自分の信念に従い行動してきたと自負してます。壁にぶつかって何かが足りないと思えばその分金を投資して補ってきました。

ギターの技術が伸び悩んだ時、キーボードやベース、トランペットやなんやかんやを買ってきてギターという楽器を音楽という観点から見てみようと努力しました。

言葉の意味が分からなくて、一日中辞書を引いていた経験もありますw

その経験が役に立っているか、正解だったかは定かではありませんが、そういう経験の数々のおかげで人より行動力・忍耐力が身についた事は間違いないと思います。

考える前にまず行動しちゃいましょう。

壁にぶち当たっても我慢しましょう。

その行動は確実に思考を変えると思います。

思考が変われば行動が変わる

行動が変われば運命が変わるってやつですね(順番逆ですがw

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - 副業・ネットビジネス

tellmewhy