名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

ブログがネタ切れを起こした!ネタ探しの方法を教えます

      2016/06/19

-shared-img-thumb-YOSX9660_TP_V

 

感性を磨かなければブログでアクセス数を増やす事は絶対にできない

 

前回の記事は一応実体験をもとに書いてはいるんですが、どうも二番煎じ感が否めなくて、新たに正式な第三弾として勝手にタイトルをパクらせてもらいました。

恥ずかしながら読んでやってくださいw

一応昨日の記事のリンクも貼っておきます。

営業すら出来ないのにアフィリエイトで稼ぐことは多分できない

スポンサーリンク

 

ブログの収益化を図りたい人へ向けて書く!!!

今回の記事は、ブログの収益化に向けてアクセスを増やしたいと考えているが、ネタが切れてしまいアクセスが伸び悩んでいる方へ向けて書きます。

今が辛いときかもしれませんが、ここを乗り越えればきっと道は開けます!

 

そして自分自身の奮発材料の意味も込めて書いてみます。

the 戒め

感性を磨かなければブログでアクセス数を増やす事は絶対にできない

結論から書きますが、ブログでネタ切れを起こしてしまった人は感性が磨かれていないからだと思います。
そして、感性が磨かれていないと記事の内容も薄くなってしまい余計に悪循環をもたらしてしまいます。

ブログのアクセスが伸び悩んだ事を環境やSEOが悪いからだと考えていませんか?

もしそう考えている方がいましたら、記事の内容をもう一度見返してみましょう。

ブログの内容を面白く充実させるために必要なのは事はテクニックや文章能力でもなく、貴方の感性です。

筆者の感性が文章に乗り移るんですよ。

面白いブログ書いてる人って、感性が豊かな人が多いと思いません?

それも多様性に富んでいる。

その人たちに共通することは、1を聞いて10を知る事ができる感性を持ち合わせていることです。

そんな10を知るための方法7つにまとめたので紹介します。

①何故?という視点を持つ事はとても重要

おそらくこういう人は『なぜ?』と思うことが少ないんだと思うんです。
1を聞いても1しか知れない典型ですね。

 

じゃあどうするか?

 

目に見える全ての現象、事象に「なぜ?」という視点を持てばいいだけなんです。

 

こういった視点で物事を見る事が出来るようになると
「世の中に疑問なんて腐るほどあるし、調べていたらキリがないなぁー」という事に気がつきます。

その視点が感性を磨くことに繋がってきます。

②書けばいいってもんじゃない

と言っても、目に付いた疑問全てを書いていたら大幅な時間のロスです。

その疑問の中から世の中のニーズに合ったものを探さなくてはなりません

ですが、世の中のニーズを探るためにはある程度の経験が必要です。
書けばいいってもんじゃないと言いつつ、ある程度は書かなくてはいけないんです。

ただ、全てを書くのではなく自分なりにリサーチした上で多くの記事を書くべきです。

その中から当たる記事と当たらない記事の違いを検証し、それを積み重ねることでニーズは向こうから寄ってくるようになります。

③貴方の興味は人には関係ない

そんな事言ったって、興味がなければ書けない!
そう思った方もいると思います。

 

だからアクセス増えないんですよ

 

厳しいことを言うようですが、これが現実です。

苦手な事を書く事は苦痛以外の何物でもない。その気持ちは十分理解できます。
だったらやらなくていいや!って事にはならないと思います。

趣味のブログだったら別ですよ?

でもこの記事を見ているって事は少額でもブログで収入を得たいと考えている人が大半だと思うんです。

もしそのように考えているのであれば、ニーズのあるテーマには積極的にチャレンジするべきです。
たとえそれが苦手分野でも。

事実、あなたが仮にiPhoneに興味がなくたって、世の中の半数以上はiPhoneを持っているんです。

こういった事実を興味ないから手を出さなという考えはもったいないと思いませんか?
事実は事実として受け止め、その渦に自らの身を投じることも必要だと思います。

そこに苦労が伴うなら、自ら進んで現実を受け入れるべきです。

④一歩その先へ

私が読んでいてつまらないと感じる記事には特徴があります。

それは、どこかで読んだ事のあるありきたりの記事で、少しだけ文章の序列が変化しているだけのもの。
要はコピペって事です。

コピペという言葉が意味するのは、コピーしてペーストするだけでは無いと考えています。
私の中では言い回しを変えただけの記事も立派なコピペです。

こんなのは誰にでも出来ます。

文章の構成を変えればオリジナリティが出せると思っていませんか?

その考え方は違いますよ。

「なぜ?」を追求した先にオリジナリティは生まれるんです。

9割が同じ内容でも残り1割に違いを生み出せれば、それは貴方のオリジナルなんです。
そして、その1割の価値の大きさに気がついていないんです。

だからこそ、その1割に大きなチャンスがあるんですよ。

人と違うことをしようとすればそれだけの知識や経験が必要になります。
それにはある程度の労力が必要な上に、一朝一夕で得られるものでは無いです。

だからこそ、普段から感性を研ぎ澄ますのです。

ぼーっとしてたら、後から来た優秀な人材にどんどん抜かれますよ。

違いの分かる男になりましょう!

コーヒーが苦い理由が分かったら、その先を考えてみてください。

苦いとはなんですか?
味覚とはなんですか?
味蕾とはなんですか?

この(?)にこそオリジナリティが生まれ、結果的に他の記事との差別化を図れるんです。

参考:質の高いコンテンツを見極める

⑤評価は他人がするもの

自分では良記事だと思っていても、人にとっては無価値なものは沢山あります。
ブログであれば、アクセス数が現実を見せつけてくれるはず。

あなたが生み出したものに価値を付けるのは他人であると言う事を知りましょう。
自己評価なんて客観性が無いため大甘にしかつけられません。
人間って自分にはとことん甘いですから。

厳しいようで、これが現実です。

この現実を知って投げ出す人もいれば、なにくそと思う人もいるでしょう。

ただ一つ言えることは、「逃げることは誰にでもできる」という事です。

世論の厳しい評価と正面から向き合い、逃げずに自分の立ち位置を知ることも重要な作業です。

⑥時間の無駄は考え方によって無駄じゃなくなる

時間の無駄を無くすという人が沢山います。

なぜ、それを時間の無駄と言い切れるのだろうか?

経験を繰り返して、それでも自分には適正がないと判断した上での判断なら頷けます。そりゃ能力のある人にやってもらった方がいいに決まっていますから。

この判断は作業の効果性を見出すための賢明な判断だと思います。

私が問題と感じるのは、経験もせず時間の無駄と言っている人が多すぎることです。

最初から時間の無駄と決めつけ何もインプットしようとしなかったり、全てを否定から入ったりする方たちです。

こういう人は基本面倒くさがり屋が多い。
「だって」とか、「でも」とか、そんな言葉ばかりが先行します。

そんな人が書いた記事が面白いと思いますか?
結果一番時間を無駄にしている事に気がついていないんです。

時間の無駄という言葉は現実と向き合うことに対しての逃げの口実にしかすぎない事を知ってほしいと思います。

⑦気がついたなら行動してみる

思い立ったらすぐ行動は成功の絶対条件と言っても過言ではないと思います。

記事の内容が浅いなら、時間をかけて深くする努力をすればいい。

自分に経験が足りないなら、時間をかけて経験すればいい。

旅によって得られると思えば、旅に出るがいい。

文才がないと思ったら、時間をかけて本をたくさん読めばいい。

結果的にこれらのことはすべて自分の生き様として文書に現れてくるので、否が応でもコンテンツは充実してくると思います。

ただそれだけの事だと思います。

ブログのネタ切れを起こさなくなる

そして、このような視点で物事を捉えられるようになるとブログのネタ切れを起こさなくなってきます。
そもそも、ブログのネタって頭の中で考えてどうこう出来るもんじゃないと思うんです。

辛うじて考え出したネタなんて大して充実しませんよ。

ですが、日常に「?」という視点を持つだけで、それは劇的に変化します。

 

赤はなぜ赤いんだ?

コーヒーはなぜ苦いんだ?

空はなんで青いんだ?

鏡はなぜ光を反射するんだろうか?

 

目に見えたもの全てに疑問符を付ける事でネタはいくらでも浮かびます。
浮かんだそれを携帯にでも書き留めておけばいいだけの作業です。

電車の中だって、買い物の最中だって出来ます。

ネタを探すことは実に簡単だと思います。

目につくもの全てに疑問を持つ事で思考は確実に充実しますよ。

まとめ

いや〜生意気言いました。

すいませんw

でも、実際こんなもんじゃないですか?

正解か不正解かは後で自分が決めればいいと思うし、やらずして否定することは可能性を狭めているとしか思えません。

できる人って、引き出しが多いと思うんです。

その引き出しは先天的なものじゃない。

経験からでしか得られない後天的なものだと思います。

要は、ごちゃごちゃ考えずに行動してから反省すれば?って事ですw

世の中気合いでなんとかなる事もありますよ!

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - ブログ運営・アクセスアップ

tellmewhy