名もなきブログ

FXやブログ運営、美容ダイエットなどを紹介

インフルエンザの2016年流行の型は?予防接種の値段は?

      2016/06/19

bsPAK85_lalamaskatamaitai20140321

 

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 医療機関に務めている私はインフルエンザの予防接種を受ける方が増えてくると、いよいよ冬が来たと感じます。

皆さんはインフルエンザの予防接種を受けたでしょうか? 受けてない方はお早めに近くの医療機関で受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

2016年のインフルエンザ!流行する型は?

正式な流行型の発表はありませんが、今年予防接種のワクチンとして使われているのは4価ワクチンというもの。

4価とは、一つのワクチンの中に4つの抗原が入っているということです。

今年のワクチンには以下の4つの抗原が入っています。

・季節性A型(香港型)

・豚インフルA型(新型インフル)

・季節性B型(山形系)

・季節型B型(ビクトリア系)

恐らくこの4つが今年の流行予想では?  

追記

東京感染症情報センターによると季節性のA型、季節性のB型2種の検体が多く検出されているって書いてありました。

ということはこの三つの方が今年の流行型なのかもしれません。

予防接種の値段は?

予防接種の値段が医療機関により違うのはご存知ですか? インフルエンザの予防接種は自由診療なので値段が違うんですよ。

ちなみに昔私が勤めていた病院は大人一回2300円でした。 全国的な平均の値段は3500円程度。 子供であれば2300~2500円程度。 また子供の2回目の接種は同じ医療機関で受ければ値段が安くなる所が大半です。

今年から4価ワクチンになっているので、少しだけ値段が上がると予想されます。 この値段でつらい症状を防げるなら安いといえるでしょう。  

まとめ

インフルエンザかな?と思ったらすぐに医療機関を受診しましょう。

仕事や学校は積極的に休むことをおすすめします。

12月から1月に向けてがインフルエンザのピークと言われていますので手洗いとうがいはしっかり行いましょう。  

ではまた

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が面白いと思っていただけましたらシェアをお願いします!

 - 健康・美容・ダイエット

tellmewhy